FC2ブログ

スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←きみを、きく よ⑬ →サヨナラの小部屋
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png superjunior
もくじ  3kaku_s_L.png SHINee
もくじ  3kaku_s_L.png パラレル
もくじ  3kaku_s_L.png なにかのつづき
もくじ  3kaku_s_L.png すばらしく蛇足
  • 【きみを、きく よ⑬】へ
  • 【サヨナラの小部屋】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

superjunior

きみを、きく よ⑭

 ←きみを、きく よ⑬ →サヨナラの小部屋
  




一人足りなくても、仕事は割りと変わらずにやっていける。


去っていった彼を心の隅へ思って
忙しくても、キュヒョンの毎日は順調だ。



今日も 満足いく歌声を披露できて、ご機嫌に収録を終えたあと

おっと、用足し と楽屋を通り過ぎる。


向かいから メンバーの一人がやって来るのが見えて

ひゅるりと口笛を鳴らしながら
お疲れ、とすれ違えば



「ソンミニヒョンを返せ。」


背中に声が刺さる。
振り向いて認めた顔は、


やっぱり ウニョクに違いないのに、

聞こえてくるのは 低くて冷たい声だった。


(は?)

こちらへの視線まで冷たくて鋭い。



「ソンミニヒョンは、もう俺たちのことを呼んでくれない。
お前の名前なんて、二度と 呼ばないよ。」


そのまま するりと部屋に吸い込まれていった。



「ちょ、何言って…!」


そのウニョクの姿をした人を追って
自分も楽屋へ飛び込めば



兄たちの視線が勢揃いして自分を出迎えた。


勢揃い、じゃなく
一人欠かして 揃っていた兄たちは
皆同じような顔をしていて

、キュヒョンは怯んだ。



(何、だよ その顔。
まるで僕が悪いみたいじゃないか。)



ソンミニヒョンを?返せ?

何を 言ってる?
どうして僕に言うんだ。



僕が 何したって言うんだ。

僕はただ 伝えただけだ。



だ って



う る さ かっ たろ ソンミニヒョンは!



独りできゃんきゃん騒いで
がしゃがしゃギターを弾いて
ばりばりモノを食って
どかどか家中歩き回って

馬鹿みたいに甘ったるい声ではしゃいで



まったく 邪魔だったじゃないか



なんで分からないんだよ、アンタたち


僕は知ってんだよ
いつも一緒だったんだ
いつも聞いていたんだから

なあ、
あいつ、わざとやってたんじゃない?

そうだよ、

僕の気を引きたくて、わざと


僕が、絶対に 聞き逃さないって
知ってたんだろ きっと。


、何だよ。何見てんだよ。


アンタたちの名前を呼ばない?
そんなの、僕といる時なんて 始めっから ほとんど呼んじゃいなかったよ。


いつだって呼ぶのは、、呼ぶのは、、、

僕の、


あれ、

いつから 呼ばれていないっけ、、?


そんなの、



、、、いつから 聞いてない?



嘘だろ。


ソンミニヒョンの暮らす音を いつから聞いてない?


なんで?


僕が、払い捨てたからだよ。



僕は 一体何を言った?





ヒョンが語りかけるのを遮って
ヒョンが動き出す前に止めて、


耳許で
肩を揺すって

笑顔を消して
涙目を作って


話すことも
動くこともさせずに僕は

ヒョンに何を言い続けたんだ。




そうか。



ヒョンはもう

僕の名前を呼ばないんだ。


ただいま、って無邪気に扉を開けない。
僕の歌のためにギターを弾かない。
美味しいお菓子を見せびらかさない。
僕とワインを開けない。
僕に温かい飲み物を作ってくれない。
僕の話に笑わない。


僕が いらないって 言ったんだ。



そうしてくれたのがソンミンで
その音はソンミンそのものだったのに


それがもう、聞こえないのは





ここに、いないからじゃなくて

ソンミンじゃなくなってしまったから。


キュヒョンには、もう

(ソンミニヒョンが、聞こえない。)



「あ、あ、 の…おぇの、、い」

(ああ、俺のせい だ。)


息が荒くて、
声にならない騒がしさを吐き出すキュヒョンは、
それを止められない彼もまた

壊れてしまった?

このまましたら、ソンミンのところへ行ける?
もし行けたのなら、間違いなく連れて帰るのに


それでも
自分が、、って分かっているキュヒョンは壊れてなんかいなくて
それじゃあ
ソンミンのところへは、、、



あうあう と、
呻き 勝手に崩れ落ちる末の弟に兄たちは
戸惑うだけ、


胸を押さえて床ばかり見る彼の目に、誰かの靴先が映る。
誰か、優しい兄が一人
歩み寄って肩を叩いて



「や、チョ・ギュヒョン。どうしたんだよ。お前 最近、」




〈、うるさいんだよ。〉







  
スポンサーサイト


もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png superjunior
もくじ  3kaku_s_L.png SHINee
もくじ  3kaku_s_L.png パラレル
もくじ  3kaku_s_L.png なにかのつづき
もくじ  3kaku_s_L.png すばらしく蛇足
  • 【きみを、きく よ⑬】へ
  • 【サヨナラの小部屋】へ

~ Comment ~

あんにょん★

一昨日くらいにすももさんとこ覗いたんですが……

いやはや昨日でしたか~(^^)


読みましたよ!


【すももさん!】て感じ!


壊れる、って難しいですよね……


長く更新がなかったので、あー勉強してるんだろうなーと思って、

メール出そうと思いながら、私も私生活にイッパイイッパイでした(笑)

ともさん。

お久しぶりです~(^^)
数ヶ月か寝かしてやっと文章にしたお話なんですけど
若干のしっくりいかなさを残しつつ、、、
すもも風味が出ていたなら安心ですが(>_<)
自分のウキウキ感を「うるさい、」で片付けられたら、結構くるなぁって思ったのが発端です。


わたしもご無沙汰してるなぁって思いながらもメッセ送るのもともさんのブログに遊びに行くのもできなかったんです


お元気でしたかぁ?

はじめまして

読ませていただきました。

甘いストーリーだと思って読み始めたので、
……怖かったです(^^;

キュヒョンのソンミンに対する執着心。
……それともキュヒョンは自分への執着心が強いのか。


まひろさん、

はじめまして!!
ひちょぺんのまひろさんですね!ともさんからお名前伺ってます。遊びにいらして頂けるとはヽ(・∀・)ノ


意識するあまりに聞こえ過ぎちゃう、、皮肉。。。
ミンくんも存在アピールしてるのに届かない、、あぃたたた な2人のお話でした。音って出さない訳にはいかないから、『その人』だなあ~って、、、

コメありがとうございました☆
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【きみを、きく よ⑬】へ
  • 【サヨナラの小部屋】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。